2007年01月03日

パンの本を読んでます。

夫がいる時じゃないと読んでも頭に残らないので、
フランスパンについて書いてある本をゆっくり読んでます。
ボンジュール!パリのパン屋さん―おいしいパンに出会うために』という本なんですが、なかなか読み応えがあります。
パリにある20軒のパン屋さんについて書いてあり、半分ほど読みました。
メゾンカイザーについてもちょっと書いてあるみたい。
明日でお休みも終わりなので、読み終えられるかしら??

posted by くじら at 22:10 | Comment(4) | TrackBack(0) | 勉強?
いただいたコメント
お勉強、はかどってる?って、ジャマしに来てるけど(笑)。
この間のパン・ドーロ、ビゴ(確か)の本に載ってたよ。
ものすごーい卵黄の量にビックリ!
ホントに超リッチな発酵菓子って感じだったわ。
一度はトライしてみたいパン(お菓子?)ね。
Posted by toko at 2007年01月03日 23:17
>tokoさん。

お風呂入ったりしてて、あんまりはかどってないんよ〜(笑)。
でも、ほんとに勉強になるわ♪
縦断面とか載ってるし、見かけたら読んでみて。

私の持ってるジローラモさんの本にもパンドーロのレシピ載ってるけど、
それもやっぱり卵黄たっぷりよ。
パネトーネよりしっとりしてるから、作ってみてね♪
Posted by くじら at 2007年01月03日 23:34
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いしますm(__)m

私も休み中,図書館から借りたパンの本を読んでいました。あら?なんていう本だったかしら?
パンの本は,見ているだけで,うまく焼けた気になってきます〜。
現実は,厳しいのですが(私の場合ですが・・・)

パート2,お仲間が増えて嬉しいです。
かなりマニアックですが,面白いですよ〜。
Posted by maimai at 2007年01月04日 15:15
>maimaiさん。

あけましておめでとうございます♪
本年もどうぞよろしくお願いいたします(^人^)

>パンの本は,見ているだけで,うまく焼けた気になってきます〜。
>現実は,厳しいのですが(私の場合ですが・・・)
私もうまく焼けた気になるひとりです(笑)。
今回の本はフランスパンについての本なので、
バゲットが上手に焼ける気になってます(爆)。
Posted by くじら at 2007年01月05日 15:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。